米SAC、償還資金の早期支払いを拒否-資産凍結を顧客は懸念

インサイダー取引に関連する証券詐 欺などの罪で先月起訴されたヘッジファンド運営会社SACキャピタ ル・アドバイザーズは、償還請求が行われた数十億ドルについて、早期 の支払いを求める顧客の要求を拒んでいる。事情に詳しい関係者3人が 明らかにした。

資産家のスティーブン・コーエン氏が創業したSACは、資金の払 い戻しを望む投資家が償還請求を行う期限が目前に迫っているが、最終 的な支払いは年末に行うと顧客に説明している。SACが非公開企業で あることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、SACの資産を政 府が凍結する恐れがあると懸念する一部の投資家は、年末を待たずに払 い戻しに応じるようコーエン氏に圧力をかけている。

関係者によると、これまでの数四半期で償還請求書を提出していな い顧客にとって、16日が請求を行う最終期限となる。

SACの年初の運用資産額150億ドル(約1兆4600億円)のうち、 外部の投資家に属する資産は約60億ドル相当だったが、同社を舞台とす るインサイダー取引の調査が本格化する中で、今年1-6月(上期)に 顧客は30億ドル余りの償還を請求し、資金の払い戻しが年内に行われ る。

事情に詳しい複数の関係者によれば、SACの経営幹部らは、年明 けまでにほぼ全ての外部投資家が資金を引き揚げ、運用資産額は約90億 ドルに減ると予想している。SACの広報を引き受けているジョナサ ン・ガスサルター氏はコメントを控えている。

原題:SAC Said to Refuse Client Push to Return Money Before Year-End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE