インド・ルピーが最安値更新、通貨防衛策発表でも-国債下落

インド・ルピーは16日、ドルに対し 最安値を更新した。米金融当局が景気刺激策を来月縮小するとの観測が 広がる中で最近打ち出されたルピー相場の安定化策を受け、外国人投資 家が投資計画の見直しに動くとの懸念が浮上した。

インド準備銀行(中央銀行)は14日、国内企業の海外投資と居住者 による海外送金の上限を引き下げる措置を発表した。

ブルームバーグが集計した国内銀行の相場情報によると、ルピー は14日に比べて一時0.9%安い1ドル=62.005ルピーを付けた。ムンバ イ時間午前10時29分(日本時間午後1時59分)現在61.87ルピー。今週 は1.8%下落している。国債も値下がりした。15日のインド金融市場は 独立記念日の祝日のため休場だった。

DBS銀行のエコノミスト、ラディカ・ラオ氏はインド中銀の措置 について、「後退であり、半ば資本規制に近いものだと受け止められる 可能性がある」と調査リポートで指摘。「一時的措置として打ち出され たものの、追加的な措置をめぐる疑念が残る公算が大きく、外国人投資 家は規制を恐れて投資計画を見直すことになる可能性がある」とコメン トした。

原題:Indian Rupee Drops to Record After Currency Measures; Bonds Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE