アジア株:MSCI指数下落、米景気刺激策の縮小観測強まる

16日のアジア株式市場では、 MSCIアジア太平洋指数が下落。米失業保険申請件数が予想外の減少 を示し、米連邦準備制度理事会(FRB)が9月に景気刺激策の縮小を 決定するとの観測が強まり、手控え姿勢が広がった。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は、16日発表の 決算で利ざや縮小が続くとの見通しを示したことを受けて3%安。ホン ダも値下がりしている。

同指数は香港時間午前11時12分(日本時間午後0時12分)現在、前 日比0.4%安の134.31。このままで推移すれば、週間ベースでは0.3%高 となる。

原題:Asian Stocks Fall as U.S. Jobs Report Spurs Fed Stimulus Concern(抜粋)

--取材協力:Jonathan Burgos. Editors: John McCluskey, Sarah McDonald

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE