中国の招商銀、最大5600億円の株式発行計画で当局の承認獲得

資産規模で中国6位の銀行、招商銀 行は、香港での株式発行計画について中国証券監督管理委員会(証監 会)から承認を受けた。

招商銀が15日発表した資料によると、証監会は香港で株式約6 億8000万株を既存株主に発行することを同行に認めた。先月23日には上 海市場で元建て株式30億7000万株の発行が認められていた。

招商銀は先月22日、増資を通じて最大350億元(約5600億円)を調 達する計画を明らかにしていた。承認の遅れから増資を2回延期してい た同行は、規制当局による基準引き上げや、銀行の短期調達の利用に対 する政策当局の取り締まり受けて資本余力の増強を迫られている。

上海時間16日午前9時48分(日本時間同10時48分)現在、招商銀の 株価は上海市場で前日比変わらずの11.04元、香港市場では2.1%安 の14.08香港ドル。

今年初めに施行された新たな資本規制に基づくと、3月31日時点で 同行の自己資本比率は11.41%。当局の最低基準を上回っているもの の、香港上場の中国本土の銀行9行の中では下から2番目。

みずほセキュリティーズアジアのアナリスト、ジム・アントス氏 (香港在勤)は13日のリポートで、増資は半年以内に完了するとみてい るとし、投資判断を「アンダーパフォーム」から「ニュートラル(中 立)」に引き上げた。

招商銀が増資で最大限の資金調達を行えば、世界の株式発行・売り 出しで今年2番目の規模になる。今年ここまでで最大は日本政府が3月 に売り出した日本たばこ産業(JT)株の約7470億円。

原題:China Merchants Bank Approved for $5.7 Billion Share Sale (1)(抜粋)

--Jun Luo, 取材協力:Feiwen Rong. Editors: Nathaniel Espino, Allen Wan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE