中国の米国債保有、5カ月ぶり減少-FRBが緩和縮小を議論

海外勢で世界最大の米国債保有国で ある中国の6月の米国債保有は5カ月ぶりに減少した。米金融当局が債 券購入の縮小をめぐり議論していることが背景にある。

米財務省が15日発表した統計によると、6月の中国の米国債保有額 は前月比215億ドル(1.7%)減の1兆2760億ドル(約124兆2000億 円)。米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が月間850億 ドルの米国債と住宅ローン担保証券(MBS)の購入を縮小する可能性 を示唆した6月19日以降、米国債利回りは上昇している。

海外勢の米国債保有総額は年初から268億ドル(0.5%)増と、2006 年1-6月の2.8%減少以来で最も小幅な増加となっている。バンク・ オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によると、米国債の年初 来のリターンはマイナス3.1%。このままいけば09年以降で最低のパフ ォーマンスとなる見通し。

原題:China’s Treasury Holdings Fall Amid Fed Talk on Taper Timing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE