東電:長崎原爆製造拠点の廃炉技術活用も-福島第一原発に

東京電力は福島第一原子力発電所の 廃炉に米国が核関連軍事施設の廃棄で培った技術を応用することを検討 している。具体的にはプルトニウムの製造施設廃棄時に用いられた「安 全貯蔵」と呼ばれる方法の利用を視野に、核兵器の製造や管理なども担 う米エネルギー省との協議を重ねている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: