日経平均先物下落、米失業保険申請でドル弱含み-金は高値推移

16日早朝に日経平均先物は下落。先 週の米新規失業保険申請件数が低水準となり、米連邦準備制度理事会 (FRB)が来月に債券購入を縮小するとの観測が高まったため、ドル は円など主要通貨に対して弱含み。米国債と米株も値下がりしたが、金 相場は2カ月ぶりの高値近辺で推移している。

日経平均先物はシカゴで2.6%安の13510。日本時間16日午前3時時 点では1.4%安。オーストラリアの株価指数先物は0.7%下落。S& P500種株価指数は6月20日以来で最大の下げとなった。同指数先物は ほぼ変わらず。米国の10年国債利回りは過去2年余りで最も高い水準に 急伸した。15日に0.8%上げた円は横ばい。金など貴金属もほぼ変わら ず。

原題:Nikkei Futures Drop as Jobs Data Sinks Dollar; Gold Holds Gains(抜粋)

--取材協力:Nick Taborek、Michael P. Regan、Alex Barinka. Editor: Emma O’Brien

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE