NY銅:反落、米失業保険申請の改善で緩和策縮小の懸念広がる

15日のニューヨーク銅先物相場は反 落。米労働市場の改善が経済指標で示され、米連邦準備制度理事会 (FRB)による債券購入縮小の観測が強まった。

10日終了週の米新規失業保険申請件数は前週比1万5000件減の32万 件と、2007年10月以来の低水準となった。

マレックス・ノース・アメリカのブローカー、カルロス・ペレスサ ンタラ氏は電話取材に対し、「債券購入縮小が現実になりつつあり、意 外に早く始まる可能性が高い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限は前日比0.1%安の1ポンド=3.3405ドルで終了した。

原題:Copper Declines on Federal Reserve Stimulus Outlook (Correct)(抜粋)

--取材協力:Alfred Cang. Editors: Thomas Galatola, Millie Munshi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE