NY金:大幅続伸、8週間ぶり高値-世界的な株安で質への逃避

ニューヨーク金先物相場は続伸。8 週間ぶりの高値となった。株式市場の大幅下落を背景に、安全資産とし ての金に買いが入った。

MSCIオールカントリー世界指数は7週間ぶりの大幅安。業界団 体のワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の発表によると、4- 6月(第2四半期)の世界の宝飾品需要は37%増加の575.5トン。延べ 棒とコインを合わせた世界販売は前年同期比78%増の507.6トンと、過 去最高を記録した。インドと中国の購入が好調だった。

アーチャー・フィナンシャルのシニア市場ストラテジスト、アダ ム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話取材で、「株式相場 の大幅な下げを受けて、金が質への逃避先として捉えられている」と指 摘。「現物買いも支えになっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比2.1%高の1オンス=1360.90ドルで終了。中心限月として は7月22日以来の大幅上昇となった。引け後には一時1369.60ドルと、 6月19日以来の高値をつけた。

原題:Gold Jumps to Eight-Week High as Equities Drop; Palladium Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE