イタリア債など下落、米緩和策めぐる観測で-ポルトガル債上昇

15日の欧州債市場ではイタリア国債 を中心に各国の国債が下落した。先週の米失業保険申請件数の減少や米 消費者物価の上昇を手掛かりに米金融当局が緩和策を縮小するとの観測 が高まり、安全とされる国債の需要が後退した。

イタリア10年債利回りは2週間ぶりの高水準となった。ドイツとフ ランス、ベルギー、オーストリアの国債も売られた。ユーロ圏で景気回 復の兆候が高まる中、ドイツ10年債利回りは1年4カ月ぶりの高水準と なった。一方、ポルトガル国債は4日続伸。14日発表の統計で、同国経 済は2010年以来のプラス成長となった。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)(ロンドン)の欧州金 利戦略責任者、ピーター・シャフリク氏は「国債が大きく売られてい る」とし、「これまで発表された各種経済データの内容は強い。利上げ の見方が出ている」と語った。

ロンドン時間午後4時27分現在、イタリア10年債利回りは前日比7 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げ4.25%。一時は4.29% と、8月5日以来の高水準となった。同国債(表面利率4.5%、2023年 5月償還)価格はこの日、0.515下げ102.31。

同年限のオーストリア国債利回りは6bp上昇し2.26%。フランス の10年債利回りは7bp上げ2.41%、オランダ10年債利回りも7bp上 昇の2.25%となった。

米労働省の発表によると、先週の新規失業保険申請件数は32万件に 減少した。7月の消費者物価指数(CPI)は前月比0.2%上昇した。 前月は0.5%上昇だった。

ドイツ10年債利回りは6bp上昇し1.88%。一時は2012年3月以来 の高水準となる1.91%まで上げた。

一方、ポルトガル10年債利回りは8bp低下の6.42%。一時 は6.37%と、2日以来の低水準となった。

英国債相場は下落し、10年債利回りは11年8月以来の高水準を付け た。比較的安全とされる同国債の需要が後退した。

10年債利回りは5bp上げ2.68%。11年8月9日以来の最高とな る2.71%まで上げる場面もあった。同国債(表面利率1.75%、2022年9 月償還)価格は0.345下げ92.535。

原題:Italy Leads European Bonds Lower as Data Fuel Fed Tapering Bets(抜粋) Pound Climbs to Eight-Week High as Retail Sales Rise; Gilts Fall (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE