7月の英小売売上高は1.1%増、予想上回る-猛暑で飲料需要増

英国の7月の小売売上高はエコノミ スト予想を上回る伸びとなった。猛暑でアルコール飲料や食品の需要が 高まった。

英政府統計局(ONS)が15日発表した7月の小売売上高指数(燃 料含む)は前月比1.1%上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミスト21人の調査中央値では0.7%上昇が見込まれていた。同指数 はこれで、4年半ぶりの3カ月連続上昇。前年同月比では3%上昇 し、2011年1月以来の大きな伸びとなった。

インベステック・セキュリティーズ(ロンドン)のエコノミスト、 フィリップ・ショー氏は統計発表前、「小売売上高の基調的な勢いが増 しているようだ」とし、買い物客は「ここ数カ月の間に顕著になりつつ ある消費者信頼感の改善に後押しされた」と語った。

気象当局によると、7月は1997年8月以降で最も夏日が続いた月と なった。テニスのウィンブルドン選手権で英国出身のアンディ・マレー が優勝を果たすなど、スポーツ関連イベントが売り上げに貢献したとも エコノミストらは指摘している。

原題:U.K. Retail Sales Increase More Than Forecast on Heatwave (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE