香港株(終了):ハンセン指数、小幅安-米刺激策めぐり懸念

香港株式市場で、ハンセン指数は小 幅下落。米金融当局が緩和策を縮小するとエコノミストが予想したほ か、中国の不動産銘柄の値下がりが響いた。香港株式市場は前日に台風 で休場となったため、取引が再開されたこの日は大商いとなった。

売り上げの大半を米国で稼ぐソファメーカーの敏華(1999 HK) は2.4%安。融創中国(1918 HK)を中心に不動産株も下げた。

一方、小売業に衣料品や玩具を納入するリー・アンド・フォン(利 豊、494 HK)は12%高。7-12月(下期)の見通しを引き上げたことが 好感された。BMWと提携相手の華晨中国汽車(ブリリアンス・チャイ ナ・オートモーティブ・ホールディングス、1114 HK)は6.9%高。決算 で利益が市場予想を上回ったことが材料視された。

ハンセン指数は前営業日比1.88ポイント安の22539.25で終了。一時 は0.7%上昇する場面もあった。ハンセン中国企業株(H株)指数は 同0.2%高の10206.74で引けた。

バリュー・インベストメント・プリンシパルズのサンディ・メータ 最高経営責任者(CEO)は、「下期に相場が上昇するかどうかは言い づらい」と指摘。「米経済指標の改善と刺激策をめぐる懸念の間で綱引 きの状態にある。最近の中国指標も改善しており、バリュエーション (株価評価)も魅力的だが、緩和縮小の可能性があることは逆風とな る」と述べた。

原題:Most Hong Kong Stocks Decline on Developers, Stimulus Concern(抜

--取材協力:Eleni Himaras. Editors: Jim Powell, Tom Redmond

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE