ポールソン氏が金ETPの保有縮小、ソロス氏は全て売却

金を裏付けとする上場取引型金融商 品(ETP)「SPDRゴールド・トラスト」の最大の保有者である米 資産家ジョン・ポールソン氏は、金価格が弱気相場入りしたことを受 け、持ち分を53%縮小した。ジョージ・ソロス氏は全てのポジションを 解消した。

米証券取引委員会(SEC)への14日の届け出によれば、ポールソ ン氏率いるヘッジファンド運営会社ポールソンの持ち分は6月末時点 で1020万口と、3月末の2180万口から減少。ソロス氏のソロス・ファン ド・マネジメントは保有する53万900口を売却した。SPDRは金 ETPで最大の規模を持つ。

金先物相場は4-6月(第2四半期)に23%安と過去最大の下げと なり、世界のETPから447億ドル(約4兆4000億円)相当の資産価値 が失われた。金価格が12年連続で上昇した後、一部の投資家は価値保存 手段として金を信用しなくなった。米株式相場が2013年1-6月(上 期)に上昇し、インフレ率は米連邦準備制度理事会(FRB)の目標を 下回る水準にとどまっていることが背景にある。ブルームバーグの調査 によると、景気拡大に伴い、FRBは刺激策を来月縮小するとエコノミ ストの65%が予想している。

ウェルズ・キャピタル・マネジメントのチーフ投資ストラテジス ト、ジェームズ・ポールセン氏(ミネアポリス在勤)は「4-6月にハ ルマゲドンのプレミアムが急減し、経済状況が改善の兆しを見せ始める 中で株式が選好されている」と指摘した。

原題:Paulson Cuts SPDR Gold Stake 53% as Soros Sells Entire Holding(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE