エジプト、非常事態宣言-デモ隊を強制排除、死者421人以上

エジプト政府は1カ月の非常事態を 宣言し、一部地域に夜間外出禁止令を発令した。同国治安部隊は14日、 座り込みによる抗議行動を続けていたイスラム勢力の強制排除に乗り出 し衝突が拡大、数百人が死亡した。こうした事態を受け、モルシ前大統 領追放後に誕生した暫定政権に亀裂が生じつつある。

保健省当局者によると、14日の衝突によりカイロとギザで200人近 くが死亡。全国での死者数は少なくとも421人、負傷者数は3500人余り となった。イスラム組織「ムスリム同胞団」は、実際の死者数はこの何 倍にも上るとしている。少なくとも2人の外国人ジャーナリストと、同 胞団リーダーの娘1人も亡くなっている。

ノーベル平和賞受賞者のエルバラダイ副大統領はこうした状況を受 けて辞意を表明。「避けられたはずの流血の事態」の責任を負うことは できないと述べた。

ベブラウィ暫定首相とイブラヒム内相はテレビ放送された演説で、 エジプトを騒乱から救う他の選択肢は尽きたと述べ、デモ隊排除の正当 化に努めた。同首相は「断固たる態度を示すことが必要だった」とした 上で、「状況が手に負えなくなるような事態は容認するわけにいかな い」と語った。

休業

15日には証券取引所と銀行が休業する。祝日以外の休業は当時のム バラク政権が崩壊にひんしていた2011年1月以来。エジプト株式市場の 指標、EGX30種株価指数は14日、1.7%安となった。

オバマ米政権は、来月開始予定だったエジプトとの軍事演習の中止 を検討している。米当局者が匿名を条件に明らかにした。F16戦闘機4 機のエジプトへの供与を既に延期している同政権は、他の支援について も見直しを進めているという。

ケリー米国務長官は14日の治安部隊の強制排除について「遺憾」を 表明。

ムスリム同胞団とその支持者らはモルシ前大統領が復権するまで抗 議活動を続けると断言。これに対しイブラヒム内相は、当局はいかなる 座り込みも容認しないと警告している。

原題:Egypt Army Tightens Grip as Curfew Clears Streets After Killings(抜粋)

--取材協力:Tamim Elyan、Ahmed A. Namatalla. Editors: Caroline Alexander, Larry Liebert

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE