PIMCOグロース氏:米低金利政策は予想より長期間持続へ

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のビル・グロース氏は、レバレッジ (借り入れ)に依存する国際金融市場の混乱を回避するため米連邦準備 制度理事会(FRB)が歴史的な低金利政策を予想より長期にわたり維 持するとの見方を示した。

グロース氏はブルームバーグテレビジョンの番組「マーケット・メ ーカーズ」で、「経済にレバレッジが多いときは、中央銀行は利上げに 関してはそっと歩む必要がある」と指摘。「FRBは長期にわたって現 状を維持すると思う。恐らく2016年以降も維持するだろう」と語った。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は景気回復を支援するため、政 策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を08年12月以 降、0-0.25%に維持している。バーナンキFRB議長は6月、「15年 末の金利がかなり低い水準になるとFOMC参加者の大多数が引き続き 予想している」と述べていた。

グロース氏はFRBの主要な金融緩和手段が資産購入から政策金利 見通しを示すフォワードガイダンスに移行すると指摘。投資家は残存期 間が5年以下の米国債を購入し、より長期の債券を避けるべきだと述べ た。

原題:Fed to Keep Funds Rate on Hold Longer Than Forecast, Gross Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE