米シスコ:4000人削減へ、8-10月売上高は予想下回る見通し

ネットワーク機器最大手、米シスコ システムズは14日、約5%の人員削減を実施すると発表した。この日示 した8-10月(第1四半期)の売上高見通しは大方のアナリスト予想を 下回る数字となった。

ジョン・チェンバース最高経営責任者(CEO)は電話会議で、日 本や中国、欧州の販売鈍化が売上高の伸びを圧迫していると述べ、4000 人を削減することを明らかにした。シスコの発表資料によると、8-10 月の売上高は122億-125億ドル(約1兆1960億-1兆2250億円)となる 見通し。アナリスト予想平均は125億ドルだった。

企業や通信事業者による高コストの通信網整備の先送りでシスコの 成長率が鈍化するとの懸念が浮上している。ロバート・W・ベアードの アナリスト、ジェイソン・ノランド氏によると、投資家の間では米企業 の支出の改善を受けてシスコの好決算が見込まれていた。

ノランド氏は「好調な状況からみて、シスコの事業のどこかが不振 でも同社は他の分野で穴埋めすると期待されていた」と述べた。

シスコの株価は時間外取引で一時11%下落した。通常取引終値 は0.2%高の26.38ドル。

海外要因

シスコはウェブビデオや携帯機器の利用拡大に伴うルーターやスイ ッチ、サーバーの購入増加から恩恵を受けているものの、米国外の販売 鈍化を穴埋めできていない。シスコは国際的に事業を展開しているた め、世界経済の成長鈍化は痛手だ。ブルームバーグの集計データによる と、同社の売上高の地域別内訳は米国とカナダが半分強、欧州が4分の 1、アジアが6分の1。

5-7月(第4四半期)決算によると、一部項目を除いた1株利益 は52セント、売上高は6%増の124億ドルだった。ブルームバーグが集 計したアナリストの予想平均は1株利益が51セント、売上高は124億ド ルだった。純利益は22億7000万ドル(1株当たり42セント)と、前年同 期の19億2000万ドル(同36セント)から18%増えた。

新たな人員削減により過去2年間の合理化の規模は1万2300人とな る。

原題:Cisco Cutting More Jobs as Sales Forecast Misses Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE