NY金:反発、ドル下落で代替投資-中国の需要増観測も支え

ニューヨーク金先物相場は反発。過 去6営業日では5日目の上昇。ドルの下落を背景に、代替投資としての 金買いが優勢になった。中国での金需要が拡大するとの観測も買いにつ ながった。同国は金輸入で世界2位。

主要10通貨に対するブルームバーグ・ドル指数は3営業日ぶりに下 落。中国黄金協会(CGA)が12日発表した同国内の今年1-6月の金 消費量は前年同期比54%増加の706.4トンだった。延べ棒の需要 が87%、宝飾品は44%それぞれ増えた。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「ドルの 弱さが金の支えになっている」と指摘。「市場参加者は中国経済の改善 に伴い同国の金需要が伸びるとみている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比1%高の1オンス=1333.40ドルで終了した。

原題:Gold Rises for Fifth Time in Six Sessions as Dollar Declines(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin. Editors: Thomas Galatola, Patrick McKiernan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE