スペインとイタリア債上昇、GDP統計で-独債ほぼ変わらず

14日の欧州債市場では、スペインと イタリアの国債が上昇した。ユーロ圏が4-6月(第2四半期)に過去 最長のリセッション(景気後退)から脱却したことを背景に、域内の高 利回り債を求める動きが強まった。

スペイン10年債利回りは4週間ぶりの大幅低下となり、5月以来の 低水準となった。ドイツとフランスの4-6月成長率もアナリスト予想 を上回ったことから、債務危機が和らいでいる兆候が強まった。ポルト ガル10年債は3日続伸。一方、ドイツ国債はほぼ変わらず。32億3000万 ユーロ相当の10年債入札で、借り入れコストが2012年2月以来の高水準 に達した。

INGグループの先進国市場債券責任者、パドライク・ガービー氏 (アムステルダム在勤)は「最近の予想を上回る経済データが相場を支 えている」とし、「このトレンドは極めて堅調だ。周辺国債が大きく買 われている」と語った。

ロンドン時間午後4時42分現在、スペイン10年債利回りは前日比7 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.42%。一時 は4.41%と、5月31日以来の低水準となった。同国債(表面利 率4.4%、2023年10月償還)価格はこの日、0.595上げ99.855。

イタリア10年債利回りは5bp低下の4.18%。前日には4.15%まで 下げ、6月6日以来の最低を付けた。同年限のポルトガル国債利回りは 3bp下げて6.50%。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が発表した4-6月の 域内総生産(GDP)速報値は前期比0.3%増加。ブルームバーグがま とめたエコノミスト41人の予想中央値は0.2%増だった。

既発のドイツ10年債利回りは1.81%。一時は1.84%まで上げ、6 月24日以来の高水準となった。

ドイツが実施した10年債入札で、平均落札利回りは1.80%と、12年 2月29日以来の高水準となった。前回入札の7月17日時点は1.57%だっ た。

英国債相場は下落。10年債利回りは前日比3bp上昇し2.63%。一 時は2.66%と、11年10月28日以来の高水準となった。同国債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)価格は0.25下げ92.94。

この日発表された雇用統計で失業保険申請ベースの7月の失業者数 の減少幅がアナリスト予想を超えたことから、英景気の回復兆候が強ま った。

原題:Spanish Bonds Rise With Italy’s on Euro-Area Growth; Bunds Drop(抜粋) Pound Gains for 4th Day Versus Euro as Unemployment Claims Drop (抜粋)

--取材協力:Morgane Lapeyre. Editors: Nicholas Reynolds, Keith Jenkins

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE