米生産者物価指数:7月は前月比横ばい-自動車が値下がり

7月の米生産者物価は市場の予想外 にほぼ変わらずとなった。自動車がここ4年で最大の値下がりとなっ た。

米労働省が発表した7月の生産者物価指数(PPI)全完成品は前 月比横ばい。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の 中央値は0.3%上昇だった。前月は0.8%上昇。

食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比0.1%上昇で、伸びは 市場予想(0.2%上昇)を下回った。

レイモンド・ジェームズ・アソシエーツのチーフエコノミスト、ス コット・ブラウン氏は「インフレは徐々に加速するはずだが、それでも 比較的低い水準にとどまるだろう」とし、「経済には依然として大きな スラック(たるみ)が存在する」と続けた。

項目別では乗用車が前月比1.1%低下と、09年7月以降で最大の落 ち込み。

エネルギーは0.2%低下。天然ガスは3.9%低下と、09年2月以来の 大幅なマイナスだった。

食品はほぼ変わらず。じゃがいもが大きく値上がりした一方、生鮮 野菜や牛肉は値下がりした。

中間財もほぼ変わらず。原材料は1.2%上昇した。

PPIは前年比では2.1%上昇。コア指数は1.2%上昇と、伸び は2010年11月以来で最小となった。

い。

原題:Producer Prices in U.S. Little Changed as Car Costs Decline (2)(抜粋)

--取材協力:. Editors: Carlos Torres, 西前 明子

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE