ショイブレ財務相は留任を切望-ドイツ与党院内総務が明言

ドイツのショイブレ財務相は健康状 態が良好で、現職をさらに4年間続けることを切望していると、与党キ リスト教民主同盟(CDU)のフォルカー・カウダー院内総務が述べ た。

カウダー院内総務は13日のベルリンでのインタビューで、ここ数日 ショイブレ財務相と話し合い、同相には現在の役職にとどまる意欲と能 力があるとの結論に至ったと語った。ショイブレ氏は1990年に選挙戦中 に銃撃を受けて以来、車椅子での生活を余儀なくされている。9月22日 の連邦議会選挙の4日前に71歳の誕生日を迎える。同院内総務は、ショ イブレ氏に代わる財務相候補がいないことも示唆した。

カウダー院内総務は「ショイブレ氏は健康であり、行動を強く願っ ている」と述べた。これはメルケル首相が3期目を務めることになった 場合にショイブレ財務相が留任する可能性をこれまでで最も明確に示し た発言だ。

原題:Merkel Ally Says Schaeuble Hungry to Stay On as Finance Minister(抜粋)

--取材協力:Brian Parkin、Leon Mangasarian. Editor: Alan Crawford

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE