華晨中国汽車:13年1~6月期は52%増益-新型モデルの需要で

中国の自動車メーカー、華晨中国汽 車(ブリリアンス・チャイナ・オートモーティブ・ホールディングス) の2013年1-6月(上期)決算は、52%増益となった。新型モデルへの 需要が伸びた。同社は独BMWの中国での提携相手。

香港取引所への13日の届け出によると、純利益は20億3000万元 (約325億円)と、前年同期の13億3000万元から増加。売上高は8.5%減 の25億7000万元だった。

華晨中国汽車の呉小安会長は届け出で、「BMWにとって今年は販 売台数で中国が米国を抜いて単一の市場としては最大になると見込ま れ、BMWブリリアンスは極めて重要な役割を果たしている」と指摘。 「BMWとわが社の合弁会社であるBMWブリリアンスは、今後も生産 能力の拡張計画を実行していく」と述べた。

原題:BMW China Partner’s Profit Gains 52% on Demand for 5-Series(抜粋)

--Alexandra Ho、Jasmine Wang. Editors: Chua Kong Ho, Young-Sam Cho

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE