米司法省、AMRとUSエアの合併阻止へ提訴-利用者に不利益

米司法省は13日、アメリカン航空親 会社AMRとUSエアウェイズ・グループの合併阻止に向け、連邦反ト ラスト法に基づく訴訟を起こした。両社が合併すれば、ダラスやワシン トン、シャーロット(ノースカロライナ州)の発着便の運賃は上昇し、 便数が減る恐れがあるとしている。

司法省の主張の中核にあるのは、合併が実現すれば多くの市場で料 金が値上がりするとの懸念。米航空大手は2005年には9社あったが、現 在は5社に減っている。3位のAMRと5位のUSエアの合併計画は一 連の再編の中でも最大規模となる。

司法省は両社の合併は航空大手の影響力をさらに増大させるだけ で、両社が直接競合する市場で消費者の不利益は最も大きくなると主張 している。

航空市場調査会社イオノスフィア・キャピタル(バージニア州)の パートナー、ボーン・コードル氏は「今回の合併計画が実現すれば、航 空業界にはかつてないほどの寡占状態が生まれる」と指摘した。

AMRはマンハッタンの連邦破産裁判所に自社の再建計画の承認を 求める準備を進めていたが、司法省はその2日前に提訴に踏み切った。 セントジョーンズ大学(ニューヨーク)で法学を教え、航空会社の破綻 問題を専門とするアンソニー・サビノ氏は、破産裁判所のショーン・レ ーン判事がAMRの計画承認のための審問を9月下旬か10月初旬まで延 期するだろうと述べた。

今回の司法省の動きはアナリストや投資家の予想外だったため、航 空会社の株価は急落。10銘柄から成るブルームバーグ米国航空株指数 は5.7%安と4月以来の大幅下落となった。最も大きく下げたのはUS エアで、13%安の16.36ドル。

司法省はAMRとUSエアが合併すれば、輸送量で米ユナイテッ ド・コンチネンタル・ホールディングスのユナイテッド航空を上回って 業界首位となり、競合他社の動きを気にせずに航空券の値上げが可能に なると主張。特にワシントンにあるロナルド・レーガン・ワシントン・ ナショナル空港ではUSエアが現在55%の発着枠を確保しており、合併 によって69%に高まるとしている。

AMRとUSエアは裁判で争う姿勢を示した。

原題:AMR-US Airways Seen by U.S. Squeezing Fliers in Too-Big Deal (1)(抜粋)

--取材協力:Leslie Picker、Mary Jane Credeur、Mary Schlangenstein、Phil Mattingly、Sara Forden、David McLaughlin、Tim Catts. Editors: Ed Dufner, John Lear

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE