ゴールドマン:S&P500は今後1年で8%上昇へ-景気に勢い

米経済成長が勢いづくのに伴い、 S&P500種株価指数は今後1年間で8%上昇して1825に達すると、ゴ ールドマン・サックス・グループは予想している。

米国株担当チーフストラテジスト、デービッド・コスティン氏(ニ ューヨーク在勤)は、売上高の大部分を国内で稼ぐ企業の株式を買い推 奨した。同氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、「金利 上昇は景気改善の表れである点に注目すべきだ」と述べ、「現在の最善 の戦略は、これから年末まで米国に投資することだろう」と語った。

米国株のストラテジストは年初時点で相場上昇に慎重になり過ぎて いたため、ゴールドマンやバンク・オブ・アメリカ(BOA)、クレデ ィ・スイス・グループは、S&P500種の最高値更新を受けて年末目標 を上方修正している。ブルームバーグが集計したストラテジスト17人の 年末予想平均は1677。コスティン氏の2013年末予想は1750、14年末予想 は1900。

S&P500種は13日に前日比0.3%高の1694.16で終了。年初来上昇 率は19%となった。小売売上高が4カ月連続で増加し、雇用の伸びに伴 い国民が支出を増やしている兆候が示された。

原題:Goldman Says S&P 500 to Rise 8% in 12 Months on Economy (1)(抜粋)

--取材協力:Erik Schatzker、Sara Eisen. Editors: Jeff Sutherland, Lynn Thomasson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE