8月13日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが上昇-小売売上高の増加で緩和縮小の見方強まる

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要通貨に対して上昇。7 月の米小売売上高が4カ月連続増加となり、9月にも金融緩和縮小が始 まる可能性があるとの観測が広がったことが背景。

円はユーロに対しここ9週間で最大の値下がり。安倍晋三内閣が法 人税の実効税率引き下げを検討するよう関係省庁に指示したと報じられ たことが手掛かり。スウェーデン・クローナは主要16通貨の過半数に対 して上昇。消費者物価指数(CPI)が予想外に前年比で上昇したこと を受けた。

ウエストパック銀行のシニア為替ストラテジスト、リチャード・フ ラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「前月の改定値も含めると今回 発表の米小売売上高は予想を上回った。景気のモメンタムは好転しつつ あるようだ」とし、「金融当局が9月に緩和縮小を開始する可能性はあ る」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ米ドル指数は前日 比0.5%上昇の1025.61。一時0.7%上昇と、日中ベースでは1日以降で 最大の上げとなった。

ドルはユーロに対し0.3%高の1ユーロ=1.3263ドル。ドルは対円 で1.3%上げて1ドル=98円23銭。一時1.5%高となった。円は対ユーロ で1.1%安の1ユーロ=130円28銭。一時1.2%安まで下げた。

ボラティリティ

JPモルガン・チェースのG7ボラティリティ指数は9.4%に上 昇。前日は9.04%と、日中ベースで5月9日以来の低水準を付けてい た。

クローナは対ユーロで値上がり。スウェーデン統計局の発表によれ ば、同国の7月のCPIは前年比0.1%上昇した。前月は0.1%低下して いた。クローナは対ユーロで0.2%高の1ユーロ=8.6656クローナ。対 ドルでは0.1%値下がりし、1ドル=6.5344クローナ。

アトランタ連銀のロックハート総裁は、緩和縮小について「いつ着 手するかの決定は、9月か10月、12月のいずれにせよ、慎重な一歩とし て考えるべきだ」と述べた。理由として、米経済の「パフォーマンスは 一様ではない」ことを挙げた。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は7月の議会証 言で、緩和策の縮小は経済のパフォーマンス次第だとの見解を示した。 債券購入規模についてブルームバーグがエコノミスト54人を対象に7月 に実施した調査では、半数が9月の連邦公開市場委員会(FOMC)会 合で月額650億ドルへの縮小を決定すると予想している。

緩和縮小見通し

GMPセキュリティーズの債券戦略ディレクター、エイドリアン・ ミラー氏はリポートで、「当局が最も避けたいのは最初の一歩を大胆に 踏み出す、つまり購入規模の250億ドル削減しておきながら、結局は経 済を失速させ、政策の方向性をシフトさせて購入を増やさなければなら なくなることだ」と指摘。「よって、当初は米国債購入に焦点を絞って 控えめに150億ドルの削減とするのではないか」と続けた。

米商務省が発表した7月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比0.2%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は前月比0.3%増加だった。前月は0.6%増(速報 値0.4%増)に上方修正された。

原題:Dollar Gains as Increase in Retail Sales Boosts Fed-Taper Bets(抜粋)

◎米国株:反発、小売売上高の伸びを景気拡大の兆候と受け止める

13日の米国株は反発。朝方発表された米小売売上高の伸びは、米国 の景気が緩やかに拡大している兆候と受け止められた。

アップルは上昇。著名投資家カール・アイカーン氏が「アップル株 の大規模なポジションを保有している」と述べたことが手がかりとなっ た。 銀行のバンク・オブ・アメリカ(BOA)とシティグループも高 い。アナリストのディック・ボーブ氏が株価は2倍になるとの見方を示 したことが好感された。

一方、住宅建設のパルトグループは下落。金利上昇を背景に住宅建 設株が下落した。USエアウェイズ・グループは大幅安。司法省がアメ リカン航空との合併阻止を求めていることが売り材料となった。

S&P500種株価指数は前日比0.3%高の1694.16で終了。ダウ工業 株30種平均は31.33ドル(0.2%)上げて15451.01ドル

パイオニア・インベストメント・マネジメント(ボストン)の運用 担当者、ジョン・キャリー氏は「経済ニュースの全般的な傾向はある程 度前向きになってきた。これまで数日間の調整を経て、押し目を拾いの ため株式市場に戻ってきた投資家がいるのだろう」と述べ、「力強い回 復が近く見られるかどうかは分からない。しかし景気は拡大しているよ うだ。そのペースは緩やかだが確実に前進している。これが結局のとこ ろ市場に認識されたのだろう」と続けた。

米小売売上高

米商務省が発表した7月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比0.2%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は前月比0.3%増加だった。前月は0.6%増(速報 値0.4%増)に上方修正された。

シカゴ連銀のエバンス総裁やクリーブランド連銀のピアナルト総 裁、ダラス連銀のフィッシャー総裁は先週、労働市場の改善に伴い金融 当局の緩和策縮小が近づいている可能性があると述べた。

アトランタ連銀のロックハート総裁はこの日、米経済の「パフォー マンスは一様ではない」として、債券購入の縮小は今後3回の連邦公開 市場委員会(FOMC)のどの会合で始まってもおかしくないと述べ た。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は3.9%低下の12.31。VIXは6月に年初来のピークをつけ て以来、40%低下している。

S&P500種産業別10指数のうち7指数が上昇。特にテクノロジー 株や金融株を中心に上昇した。

アップルが上昇

アップルは4.8%高。アイカーン氏はツイッターでアップルは極め て過小評価されていると考えると述べ、同社に大規模な自社株買いを推 奨した。

アップルの新しい「iPhone(アイフォーン)」は9月10日の イベントで発表される見込みだと、事情に詳しい関係者1人の話で明ら かになった。2人の関係者によれば、本体が現行機種よりも薄いデザイ ンや、高解像度ディスプレーを採用した小型版を含むタブレット端末 「iPad(アイパッド)」の新機種の公開は新型アイフォーンの発表 後になる見通し。

コンピューターのヒューレット・パッカード(HP)は2.1%高。 シティグループのアナリスト、ジム・スーバ氏は21日に発表されるHP の四半期決算は利益がアナリスト予想を上回る可能性があると指摘し た。

S&Pの住宅建設株価指数は2.4%安。指標となる米10年債利回り は7月5日以来の水準に上昇し、金利の上昇が住宅回復の足を引っ張る との懸念が強まった。パルトグループは2.3%下落した。

USエアウェイズは13%下落。米司法省は、アメリカン航空とUS エアウェイズの合併阻止を求めて提訴した。同合併を通じて破産法適用 下からの脱却を狙っていたアメリカンにとって、今回の提訴で経営再建 の計画が宙に浮くことになる。

原題:U.S. Stocks Halt Two-Day Slide as Retail Data Signals Growth(抜粋)

◎米国債:続落、小売売上高の増加を嫌気-緩和縮小の観測広がる

米国債相場は続落。米小売売上高が4カ月連続で増加したことを受 け、約1週間ぶりの大幅安となった。米金融当局が債券購入プログラム の規模縮小を開始できるほどに、経済が力強さを増しているとの見方が 広がった。

5年債と10年債の利回り差はほぼ2年ぶりの大幅に拡大。米商務省 の発表によると、7月の小売売上高は前月比0.2%増加した。アトラン タ連銀のロックハート総裁は、債券購入の縮小は今後3回の連邦公開市 場委員会(FOMC)のどの会合で始まってもおかしくないと述べた。 同総裁は当局による月間850億ドルの債券購入策に支持を表明してき た。次回FOMCは9月17-18日に予定されている。

クレディ・スイス・グループの金利ストラテジスト、カルロス・プ ロ氏(ニューヨーク在勤)は「小売売上高はまずまずの数字で、9月の 緩和縮小を阻む内容ではない」と指摘。「緩和縮小に備えたポジション 調整が進むにつれ、利回りはじわじわと上昇するだろう。8月末まで は2.55-2.75%のレンジを抜けないと思われる」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時29分現在、10年債利回りは10ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の2.72%。一時は1日以来で最大となる11bp上げる場 面もあった。同年債(表面利率2.5%、2023年8月償還)価格は26/32下 げて98 1/8。

小売売上高

7月の小売売上高のブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミ スト予想の中央値は前月比0.3%増加だった。前月は0.6%増(速報 値0.4%増)に上方修正された。国内総生産(GDP)の算出に使用さ れる自動車、ガソリン、建築資材を除くコア売上高は0.5%増と、昨 年12月以降で最大の伸び。

BTIGのチーフ・グローバル・ストラテジスト、ダン・グリーン ハウス氏(ニューヨーク在勤)は「小売売上高の数字は良好で、緩和縮 小の観測を一層高めた」と述べ、「商いは薄かった」と続けた。

5年債と10年債の利回り差は1.24ポイントと、6日に記録した2011 年8月以来の最大である1.25ポイントに接近した。イールドカーブのス ティープニングは投資家が経済成長の加速を見込んでいることを反映す る。

トレーダーのインフレ見通しの指標となる10年債と同年限のインフ レ連動債(TIPS)の利回り差(ブレークイーブンレート)は一 時2.28ポイントに拡大。5月29日以来の最大となった。

物価統計

米労働省は14日に7月の生産者物価指数(PPI)統計を発表す る。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では、前年同月 比2.4%の上昇が予想されている。6月は2.5%上昇だった。15日発表の 7月消費者物価指数(CPI)は2%上昇し、6月の1.8%から加速す ると予想されている。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) のビル・グロース氏はツイッターへの投稿で「米金融当局が量的緩和を 縮小させるのは経済成長が力強さを増しているからではない。資産バブ ルへの懸念があるためだ」と指摘した。米国株式市場のS&P500種株 価指数は今年に入って23%上昇。昨年は年間で12%上げていた。

ロックハート総裁はアトランタで講演し、「資産購入に対する最初 の調整というのは、段階的に行うプロセスの始まりになる。それは今後 入手する情報と経済の方向性を示す確実性の積み重ねによって決定す る」と述べ、「いつ着手するかの決定は、9月か10月、12月のいずれに せよ、慎重な一歩として考えるべきだ」と続けた。同総裁は今年の米連 邦公開市場委員会(FOMC)での議決権は持たない。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ債券ストラテジスト、 ガイ・リーバス氏は「7月の米小売売上高はエコノミストや米金融当局 の考えと一致した。「とんでもない内容の統計が出てこない限り、債券 購入は縮小されるだろう」と続けた。

原題:Treasuries Fall Second Day as Sales Data Fuel Bets Fed to Taper(抜粋)

◎NY金:1週間ぶり下落、金融緩和縮小の憶測-ドル上昇も重し

ニューヨーク金先物相場は1週間ぶりに下落。米景気改善の兆しを 背景に緩和縮小をめぐる憶測が強まったほか、ドルの上昇も金買いの後 退につながった。

米商務省が発表した7月の小売売上高(速報値)は4カ月連続のプ ラスとなった。ドルは主要10通貨に対して1週間ぶりの高値に上昇し た。アトランタ連銀のロックハート総裁は債券購入の縮小は今後3回の 連邦公開市場委員会(FOMC)のどの会合で始まってもおかしくない と述べた。

ソシエテ・ジェネラルの商品調査の世界責任者、マイケル・ヘーグ 氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「米経済は改善の兆し を見せている」と指摘。「金価格は一段と下落する可能性がある」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比1%安の1オンス=1320.50ドルで終了した。

原題:Gold Falls for First Time in a Week on U.S. Retail Sales, Dollar(抜粋)

◎NY原油:続伸、約1週間ぶり高値-米小売売上高の増加で

ニューヨーク原油先物相場は3営業日続伸。米小売売上高の増加 と予想を上回るドイツの景況感指数を受けて、経済成長とそれに伴う エネルギー需要拡大への期待が高まった。

7月の米小売売上高は前月比で増加し、これで4カ月連続でのプラ スとなった。ZEWが発表した8月の期待指数は42.0と、前月の36.3か ら上昇し、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト42人の予 想中央値(39.9)も上回った。リビアでは前日、国内最大の石油積み出 し港が閉鎖された。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「米国 と欧州から出てきた明るい経済ニュースが、悪材料の影響を打ち消し た」と指摘。「米小売売上高は良好な数字だった。マーケットはこれに 反応している」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日 比72セント(0.68%)高の1バレル=106.83ドルで終了した。終値ベー スで2日以来の高値。

原題:WTI Rises on Economic Data as Brent Advances to Four-Month High(抜粋)

◎欧州株:4日続伸、好決算とドイツ景況感で-イーオンに買い

13日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は4営 業日続伸し、10週間ぶり高値を付けた。予想を上回る企業決算と、ドイ ツ投資家信頼感の改善が手掛かりとなった。

ドイツの電力会社、イーオンは6週間ぶりの大幅上昇。1-6月利 益がアナリスト予想を上回ったことが買い材料。スイスの資産運用会社 GAMホールディングは約4年ぶりの大幅高。利益が3倍余り増えたこ とが好感された。モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行がイタリア の銀行株の上げを主導。イタリア10年債の独10年債に対する利回り上乗 せ幅(スプレッド)が2年ぶり低水準となったことが背景にある。

ストックス欧州600指数は前日比0.6%高の307.79と、5月28日以来 の高値で引けた。年初来では10%上げている。

ベアリング・アセット・マネジメントの運用担当者、ジェームズ・ バックリー氏は電話で、「投資家の関心は株主総会に集中しており、決 算が予想を上回るとの見方に傾きつつある」とし、「欧州のマクロ経済 データがやや良い内容なことや中国の経済統計に対する懸念が和らいだ ことと相まって、信頼感を多少押し上げるのに寄与した。これら全てが 欧州株にとって良好な環境をつくった」と語った。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がこの日発表した8月の 独景況感指数は42.0と、7月の36.3から改善された。

13日の西欧市場では、ギリシャとアイスランドを除く16カ国で主要 株価指数が上昇した。

原題:European Stocks Advance as German Confidence Exceeds Forecasts(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債下落、景況感改善で安全需要後退-スプレッド縮小

13日の欧州債市場では、ドイツ国債が下落。ユーロ圏の他諸国の 国債を下回るパフォーマンスとなった。8月のドイツ景況感の予想を上 回る改善を背景に、域内で最も安全とされる同国債の需要が後退した。

ドイツ10年債利回りは7週間ぶり高水準となった。同国は40億 ユーロ相当の10年債入札を14日に行う。フランスとオランダ、フィ ンランド、オーストリアの国債も下げた。翌日発表される経済統計で は、 ユーロ圏経済が4-6月(第2四半期)にプラス成長に回復した状況が 示されるとアナリストらはみている。

イタリアとスペインの10年債のドイツ債に対する利回り上乗せ幅 (スプレッド)は縮小し、それぞれ2011年以来の最小となった。

HSBCプライベートバンクの投資戦略の英国責任者ウィレム・セ ルズ氏(ロンドン在勤)は「ドイツ国債に対する向こう3-6カ月の見 通しはネガティブで、当社はドイツ国債をアンダーウエートにしてい る」と発言。「ドイツ経済は正しい方向に向かっており、周辺国に関す る材料は総じてプラスだ。これでスプレッドは縮小し、ドイツ国債の利 回りに上昇圧力を加える可能性がある」と続けた。

ロンドン時間午後4時28分現在、ドイツ10年債利回りは前日比11ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.81%。これは6月25 日以来の高水準。同国債(表面利率1.5%、2023年5月償還)の価格 は0.985下げ97.215となった。

ドイツ30年債利回りは一時、9bp上昇し2.60%となった。2年債 利回りは6bp上げて0.23%。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた8月の独景況 感指数は42.0と、7月の36.3から改善した。ブルームバーグがまとめた 別のエコノミスト調査によれば、14日に発表されるユーロ圏の4-6月 域内総生産(GDP)は前期比0.2%増が見込まれている。1-3月 (第1四半期)は6四半期連続のマイナス成長だった。

イタリア10年債利回りは6bp上昇の4.23%。ドイツ債に対するス プレッドは5bp縮小の242bp。11年7月以来最小の237bpまで縮小 する場面もあった。11年11月9日にはユーロ導入以後で最大の575bp を記録している。

スペイン10年債利回りは1bp上昇し4.47%。ドイツ債とのスプレ ッドは10bp縮小の268bp。一時は11年8月以来最小の265bpとなっ た。

英国債相場は下落。10年債利回りは11年10月以来の高水準に達し た。住宅価格が上昇し、インフレ率が中銀目標の2%を上回る水準にと どまっていることが背景にある。

同利回りはロンドン時間午後5時現在、前日比14bp上昇 の2.60%。一時は11年10月28日以来の高さとなる2.61%に達した。同国 債(表面利率1.75%、2022年9月償還)価格は1.045下げ93.195。

原題:German Bonds Slump With France’s as Growth Signs Sap Safety Bid(抜粋) U.K. Gilt Yields Climb to Highest Since 2011 Amid Growth Signs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE