8月13日の米国マーケットサマリー:株とドル上昇、米小売売上高で

ニューヨークの為替・株式・債券・ 商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3265   1.3300
ドル/円             98.16    96.90
ユーロ/円          130.20   128.88


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       15,451.01     +31.33     +.2%
S&P500種           1,694.16      +4.69     +.3%
ナスダック総合指数    3,684.44     +14.49     +.4%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .33%        +.02
米国債10年物     2.71%       +.09
米国債30年物     3.76%       +.07


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,320.50    -13.70   -1.03%
原油先物         (ドル/バレル)  106.53      +.42     +.40%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要通貨に対して上昇。7 月の米小売売上高が4カ月連続増加となり、9月にも金融緩和縮小が始 まる可能性があるとの観測が広がったことが背景。

円はユーロに対しここ9週間で最大の値下がり。安倍晋三内閣が法 人税の実効税率引き下げを検討するよう関係省庁に指示したと報じられ たことが手掛かり。スウェーデン・クローナは主要16通貨の過半数に対 して上昇。消費者物価指数(CPI)が予想外に前年比で上昇したこと を受けた。

ウエストパック銀行のシニア為替ストラテジスト、リチャード・フ ラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「前月の改定値も含めると今回 発表の米小売売上高は予想を上回った。景気のモメンタムは好転しつつ あるようだ」とし、「金融当局が9月に緩和縮小を開始する可能性はあ る」と続けた。

ニューヨーク時間午後2時42分現在、ブルームバーグ米ドル指数は 前日比0.6%上昇の1026.25。一時0.7%上昇と、日中ベースでは1日以 降で最大の上げとなった。

ドルはユーロに対し0.3%高の1ユーロ=1.3257ドル。ドルは対円 で1.4%上げて1ドル=98円25銭。一時1.5%高となった。円は対ユーロ で1.1%安の1ユーロ=130円27銭。一時1.2%安まで下げた。

◎米国株式市場

13日の米国株は反発。朝方発表された米小売売上高の伸びは、米国 の景気が緩やかに拡大している兆候と受け止められた。

午後4時過ぎの暫定値によると、S&P500種株価指数は前日 比0.3%高の1694.16で終了。ダウ工業株30種平均は31.33ドル(0.2%) 上げて15451.01ドル

パイオニア・インベストメント・マネジメント(ボストン)の運用 担当者、ジョン・キャリー氏は「経済ニュースの全般的な傾向はある程 度前向きになってきた。これまで数日間の調整を経て、押し目を拾いに 株式市場に戻ってきた投資家がいるのだろう」と述べ、「力強い回復が 近く見られるかどうかは分からない。しかし景気は拡大しているよう だ。そのペースは緩やかだが確実に前進している。これが結局のところ 市場に受け止められたのだろう」と続けた。

米商務省が発表した7月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比0.2%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は前月比0.3%増加だった。前月は0.6%増(速報 値0.4%増)に上方修正された。

◎米国債市場

米国債相場は続落。米小売売上高が4カ月連続で増加したことを受 け、約1週間ぶりの大幅安となった。米金融当局が債券購入プログラム の規模縮小を開始できるほどに、経済が力強さを増しているとの見方が 広がった。

10年債利回りは2日以来の水準に上昇。米商務省の発表によると、 7月の小売売上高は前月比0.2%増加した。アトランタ連銀のロックハ ート総裁は、債券購入の縮小は今後3回の連邦公開市場委員会 (FOMC)のどの会合で始まってもおかしくないと述べた。同総裁は 当局による月間850億ドルの債券購入策に支持を表明してきた。次回 FOMCは9月17-18日に予定されている。

クレディ・スイス・グループの金利ストラテジスト、カルロス・プ ロ氏(ニューヨーク在勤)は「小売売上高はまずまずの数字で、9月の 緩和縮小を阻む内容ではない」と指摘。「緩和縮小に備えたポジション 調整が進むにつれ、利回りはじわじわと上昇するだろう。8月末まで は2.55-2.75%のレンジを抜けないと思われる」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後2時40分現在、10年債利回りは10ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の2.72%。同年債(表面利率2.5%、2023年8月償還) 価格は28/32下げて98 1/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は1週間ぶりに下落。米景気改善の兆しを 背景に緩和縮小をめぐる憶測が強まったほか、ドルの上昇も金買いの後 退につながった。

米商務省が発表した7月の小売売上高(速報値)は4カ月連続のプ ラスとなった。ドルは主要10通貨に対して1週間ぶりの高値に上昇し た。アトランタ連銀のロックハート総裁は債券購入の縮小は今後3回の 連邦公開市場委員会(FOMC)のどの会合で始まってもおかしくない と述べた。

ソシエテ・ジェネラルの商品調査の世界責任者、マイケル・ヘーグ 氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「米経済は改善の兆し を見せている」と指摘。「金価格は一段と下落する可能性がある」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比1%安の1オンス=1320.50ドルで終了した。

◎NY原油先物

ニューヨーク原油先物相場は3営業日続伸。米小売売上高の増加と 予想を上回るドイツの景況感指数を受けて、経済成長とそれに伴うエネ ルギー需要拡大への期待が高まった。

7月の米小売売上高は前月比で増加し、これで4カ月連続でのプラ スとなった。ZEWが発表した8月の期待指数は42.0と、前月の36.3か ら上昇し、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト42人の予 想中央値(39.9)も上回った。リビアでは前日、国内最大の石油積み出 し港が閉鎖された。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「米国 と欧州から出てきた明るい経済ニュースが、悪材料の影響を打ち消し た」と指摘。「米小売売上高は良好な数字だった。マーケットはこれに 反応している」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日 比72セント(0.68%)高の1バレル=106.83ドルで終了した。終値ベー スで2日以来の高値。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE