NY原油:続伸、約1週間ぶり高値-米小売売上高の増加で

ニューヨーク原油先物相場は3営業 日続伸。米小売売上高の増加と予想を上回るドイツの景況感指数を受け て、経済成長とそれに伴うエネルギー需要拡大への期待が高まった。

7月の米小売売上高は前月比で増加し、これで4カ月連続でのプラ スとなった。ZEWが発表した8月の期待指数は42.0と、前月の36.3か ら上昇し、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト42人の予 想中央値(39.9)も上回った。リビアでは前日、国内最大の石油積み出 し港が閉鎖された。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「米国 と欧州から出てきた明るい経済ニュースが、悪材料の影響を打ち消し た」と指摘。「米小売売上高は良好な数字だった。マーケットはこれに 反応している」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日 比72セント(0.68%)高の1バレル=106.83ドルで終了した。終値ベー スで2日以来の高値。

原題:WTI Rises on Economic Data as Brent Advances to Four-Month High(抜粋)

--取材協力:Grant Smith. Editors: Richard Stubbe, Charlotte Porter

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE