欧州株:4日続伸、好決算とドイツ景況感で-イーオンに買い

13日の欧州株式相場は上昇。指標の ストックス欧州600指数は4営業日続伸し、10週間ぶり高値を付けた。 予想を上回る企業決算と、ドイツ投資家信頼感の改善が手掛かりとなっ た。

ドイツの電力会社、イーオンは6週間ぶりの大幅上昇。1-6月利 益がアナリスト予想を上回ったことが買い材料。スイスの資産運用会社 GAMホールディングは約4年ぶりの大幅高。利益が3倍余り増えたこ とが好感された。モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行がイタリア の銀行株の上げを主導。イタリア10年債の独10年債に対する利回り上乗 せ幅(スプレッド)が2年ぶり低水準となったことが背景にある。

ストックス欧州600指数は前日比0.6%高の307.79と、5月28日以来 の高値で引けた。年初来では10%上げている。

ベアリング・アセット・マネジメントの運用担当者、ジェームズ・ バックリー氏は電話で、「投資家の関心は株主総会に集中しており、決 算が予想を上回るとの見方に傾きつつある」とし、「欧州のマクロ経済 データがやや良い内容なことや中国の経済統計に対する懸念が和らいだ ことと相まって、信頼感を多少押し上げるのに寄与した。これら全てが 欧州株にとって良好な環境をつくった」と語った。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がこの日発表した8月の 独景況感指数は42.0と、7月の36.3から改善された。

13日の西欧市場では、ギリシャとアイスランドを除く16カ国で主要 株価指数が上昇した。

原題:European Stocks Advance as German Confidence Exceeds Forecasts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE