米輸入物価指数:7月は前月比0.2%上昇、除燃料は0.4%低下

米国の7月の輸入物価は前月比で上 昇したが、市場予想を下回る伸びにとどまった。自動車・同部品価格の 大幅な低下が影響した。

米労働省が発表した7月の輸入物価指数は前月比で0.2%上昇。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.8% の上昇だった。6月は0.4%低下と、速報値の0.2%低下から下方修正さ れた。

項目別に見ると、自動車・同部品価格は7月に前月比0.5%低下し た。一方、石油価格は前月比で3.2%上昇した。燃料を除くベースでの 輸入物価は7月に前月比で0.4%低下、前年同月比では1%の低下だっ た。

7月の輸入物価は前年比では1%上昇と、前月の0.1%上昇から加 速した。

い。

原題:Import Prices in U.S. Increase Less Than Forecast on Auto Plunge(抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble. Editors: Kevin Costelloe, 西前 明子

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE