アジア・太平洋株式サマリー:ハンセン指数が続伸、中・印株上昇

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数は4営業日続伸と、ここ3週間 で最長の上げ局面となった。不動産や金融銘柄が買いを集めた。石炭価 格が底打ちするとの観測から、石炭株も値上がりした。

合景泰富地産(KWGプロパティー・ホールディング、1813 HK) は8.9%高。1-6月(上期)の増益が好感された。中国民生銀行 (1988 HK)は5.3%高。銀行株が上昇する可能性を中信証券が指摘した ことが手掛かり。中国2位の石炭会社、中国中煤能源(1898 HK) は6.9%高。

ハンセン指数は前日比269.85ポイント(1.2%)高の22541.13で終 了。7月24日以来で最長の連続高となっている。ハンセン中国企業株 (H株)指数は同2.6%高の10185.55で引けた。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「予想 よりも良好な経済指標が、中国株を売り過ぎていた海外ファンドの関心 を呼び起こした」と指摘。「不動産相場を大幅に押し下げることは政府 の利益にならないと投資家は認識している」ため、不動産株の上昇は 「理にかなっている」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は3営業日続伸。興業銀行が1-6月(上期)の増益 を発表したことで、銀行株が上昇したほか、テクノロジー株も業種別で 年初来最大の上げとなっている。

英銀HSBCホールディングスの傘下部門が出資する興業銀行 (601166 CH)は、1カ月ぶりの高値に上昇。1-6月の純利益が前年 同期から27%増加した。米アップルの納入業者である歌爾声楽(002241 CH)も値上がりし、上場来高値を付けた。一方、天士力製薬集団 (600535 CH)が1.2%下落するなど、ヘルスケア株が下げた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比4.87ポイント(0.2%)高の2106.16で終 了。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.3%高 の2359.07。

精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO)は、「良好な経済指 標が最近の相場上昇を促した」と指摘。「ただ、景気回復の持続性をめ ぐる懸念は残っている。株高は長く続かないだろう」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。指標のS&Pセンセックス指数は1カ月ぶ り大幅高となった。経常赤字を圧縮し通貨ルピーを支えるための追加策 発表が好感された。ルピーも値上がりした。

民間銀行でインド最大手のICICI銀行が6月28日以来の大幅 高。HDFC銀行は3%上昇し、2週間で最大の値上がり。同国のソフ トウエア会社2位のインフォシスは約2年ぶり高値。同業ウィプロは13 年ぶり高水準に達した。

ムンバイ市場でのセンセックス指数は前日比282.86ポイント (1.5%)高の19229.84で終了。これは7月11日以来の大幅上昇。

インド財務省のこの日の発表によれば、政府は金とプラチナの輸入 関税率を8%から10%に、銀については6%から10%にそれぞれ引き上 げた。値下がりしていたルピーは0.5%高の1ドル=60.97ルピーまで反 発。6日には61.805ルピーと、過去最安値を付けていた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比49.05ポイント(1%)高 の5157.70。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比28.20ポイント(1.5%)高の1913.03。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比82.89ポイント(1.1%)高の7986.27。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE