7月の英インフレ率2.8%に低下-航空運賃と衣料品値下がりで

英国の7月のインフレ率は前月付け た1年2カ月ぶり高水準から低下した。航空運賃と衣料品の値下がりが 背景。

英政府統計局(ONS)が13日発表した7月の消費者物価指数は前 年同月比2.8%上昇。伸び率は6月の2.9%を下回り、ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト35人の予想中央値と一致した。前月比 では横ばい。

同時に発表された生産者物価統計では、7月の仕入れ価格が前年同 月比5%上昇と、2012年3月以来の高水準となった。原油価格の値上が りが影響した。

イングランド銀行(英中央銀行)によれば、インフレ率は何カ月も 現行水準付近にとどまってから鈍化する見通し。同中銀は先週、景気回 復を万全にするためフォワードガイダンス(時間軸政策)を正式導入す る一方、物価安定とインフレ目標の堅持が引き続き最重要だと説明し た。インフレ率の目標は2%。

IHSグローバル・インサイトのエコノミスト、ハワード・アーチ ャー氏は統計発表前、「消費者物価指数の上昇率は近く3%に到達する 可能性があるが、年末に向けて段階的に低下し始めるはずだ」と指摘。 「石油価格の動向が大きく影響するのは明らかだ」と付け加えた。

原題:U.K. Inflation Slows From 14-Month High on Airfares, Clothes (1)(抜粋)

--取材協力:Mark Evans. Editor: Fergal O’Brien

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE