ユーロ圏鉱工業生産:6月は前月比0.7%増-市場予想を下回る

ユーロ圏では6月の鉱工業生産が前 月比で増えたものの、エコノミスト予想は下回った。域内経済は過去最 長のリセッション(景気後退)から脱却するもようだが、紆余曲折の兆 候が示された。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が13日発表した6月の ユーロ圏鉱工業生産指数は前月比0.7%上昇。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト37人の調査中央値では1%増が見込まれてい た。前年同月比では0.3%上昇し、1年8カ月ぶりプラスとなった。

5月の指数は前月比0.2%低下(改定)、前年同月比では1.3%低下 だった。

ユーロ圏の製造業景気指数は7月に上昇し2年ぶりの活動拡大を示 したほか、企業景況感は3カ月連続で改善。これらを手掛かりに、1年 半にわたり縮小していた域内経済がプラス成長に回復したとの楽観が高 まった。ただ、域内の失業率は過去最悪の12.1%に達し、スペインとギ リシャの若年層では失業率は50%を上回っている。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は今月上旬、最近の経済指標 はユーロ圏経済が最悪期を乗り越えたことを示唆し、「活動が安定化す るとの予想を取りあえず裏付けた」と語った。

ブルームバーグがまとめた別のエコノミスト調査によれば、14日に 発表されるユーロ圏の4-6月(第2四半期)域内総生産(GDP)は 前期比0.2%増が見込まれている。1-3月(第1四半期)の成長率は 6四半期連続のマイナスだった。

原題:Euro-Area Industrial Production Expands Less Than Estimated (1)(抜粋) Eurozone June Industrial Production: Summary (Table)(抜 粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg. Editors: Andrew Clapham, Jones Hayden

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE