米ドール、CEOの買収提案受け入れ-条件13%引き上げ後

野菜や果物の生産・販売を手掛ける 米ドール・フードは、デービッド・マードック会長兼最高経営責任者 (CEO)が提示した新たな条件による買収案を受け入れることに同意 した。同氏は同社の企業価値を12億1000万ドル(約1200億円)と評価す る内容に条件を引き上げた。

12日の発表資料によると、マードック氏(90)は買収額を現金で1 株当たり13.50ドルに引き上げた。これは自身や一族メンバーが未保有 の株式60%を取得するため6月に示していた1株12ドルの提案を13%上 回る水準。

マードック氏は1985-2007年にCEOを務め、今年2月に同職に返 り咲いた。03年にも株式非公開化を実施しており、「投資家の短期的な 期待を意識しなければならないといった公開企業の抱える問題」を解消 するため、再度の非公開化を望んでいる。

ドール株は前日比5.3%高の13.49ドルで終了。2カ月ぶりの大幅上 昇で、終値ベースでは昨年10月4日以来の高値となった。マードック氏 の当初の買収提案が今年公表された以降では32%上昇している。

原題:Dole CEO Murdock Raises Offer 13% to Take Company Private (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE