「亀の井ホテル」のアメイズ、初値は9.2%高に-福証に上場

福岡証券取引所にきょう新規株式公 開(IPO)したアメイズ株は、午前9時20分に公開価格(730円) を9.2%上回る797円で初値を形成した。一時は740円まで伸び悩んだも のの、取引終盤にじり高となり、初日の終値は811円だった。売買高 は79万8300株。

アメイズは、本社を大分県大分市に置く。ホテル宿泊事業が主力 で、九州を中心に中国、東海・北陸、甲信越地方で「亀の井ホテル」や 「亀の井イン」、「ホテルAZ」を展開する。大分県別府市を日本有数 の温泉地に育てた別府観光の父と呼ばれる実業家、油屋熊八氏が1911年 に別府温泉に亀の井旅館(現在の別府亀の井ホテル)を創業。24年に洋 式ホテルに改装し、亀の井ホテルを開業した。

2013年11月期の単独業績見通しは、売上高が前期比7.4%増の91 億3600万円、純利益は同30%増の5億4000万円。1株純利益は82.38円 を見込み、公開価格に基づき算出した予想株価収益率(PER)は8.9 倍。年間配当金は1株当たり40円を計画、公開価格ベースの予想配当利 回りは5.5%となる。

IPOに伴う公募株数は123万株、オーバーアロットメントによる 売り出し株数は18万4500株。主幹事は大和証券が務めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE