米アップル、アイフォーン新機種発表に向けて準備-関係者

米アップルが年末商戦を見据えてス マートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」と タブレット端末「iPad(アイパッド)」の新機種発表の準備を進め ている。競争が一段と激化する両市場でアップルは地位の確保を目指 す。

昨年から製品投入が少なくなっていたアップルは、9月10日のイベ ントでアイフォーンの新機種を発表する見通しだと、計画に詳しい関係 者の1人が明らかにした。2人の関係者によれば、本体が現行機種より も薄いデザインや、高解像度ディスプレーを採用した小型版を含むアイ パッドの新機種の公開は新型アイフォーンの発表後になる見通し。アッ プルは6月、アイフォーンやアイパッド向けのほか、パソコン「Mac (マック)」向けのソフトウエアも刷新する計画を示していた。

こうした刷新により、アップルは年末商戦を前に新たなラインアッ プを消費者に提示することができる。同社の4-6月(第2四半期)は アイフォーンとアイパッドが売上高全体の約70%を占めた。利益の伸び が鈍化し、新製品の投入が薄い中で同社の株価は昨年9月の最高値から 3分の1下落しており、極めて重要な時期での新機種発表となる。

ISIグループのアナリスト、ブライアン・マーシャル氏(サンフ ランシスコ在勤)は「成長てこ入れには刷新した新型アイフォーンとア イパッドが不可欠だ」と指摘。特に米欧以外の新興市場の価格に敏感な 消費者にアピールするために、アップルは恐らく従来機種より安価なア イフォーンを来月投入するだろうとも語った。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、今秋から 「2014年にかけて」新製品を投入し始める考えを示していた。同社の広 報担当、トルーディー・ミュラー氏はコメントを控えた。

原題:Apple Said to Prepare Refresh of IPhones to IPads for Holidays(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE