ドイツが14年の国債発行を縮小へ、税収増や歳出削減で-草案

ドイツのメルケル政権は税収の増加 や歳出の減少が財政均衡につながるとの予測に基づき、2014年の国債発 行を縮小する計画だ。連邦歳出計画の草案の内容が明らかになった。

草案によると、14年の国債発行額は2165億ユーロ(約27兆9800億 円)と、今年の2400億ユーロを下回る水準となる。このうち償還期間が 4年以上の国債の発行額は1076億ユーロと、今年の1145億ユーロから縮 小する見通し。政府短期証券を含む償還期間が4年未満の国債も1089億 ユーロと、今年の1256億ユーロから減らす。ブルームバーグ・ニュース が草案を入手した。

国債発行計画は14年予算案のために財務省がまとめた。14年予算案 は歳出上限を2954億ユーロと、今年の3100億ユーロを下回る水準に設定 している。

独財務省の報道官は12日の電話取材に対し、予算案に関しては現時 点ではコメントできないと語った。予算案はこの日ベルリンで議員らに 配布された。

原題:Germany Trims Planned Bond Sales Amid Spending Cuts, Draft Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE