8月12日の米国マーケットサマリー:円と株は下落

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3304   1.3342
ドル/円             96.81    96.21
ユーロ/円          128.78   128.39


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       15,419.75      -5.76     .0%
S&P500種           1,689.47      -1.95     -.1%
ナスダック総合指数    3,669.95      +9.84     +.3%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .30%        +.00
米国債10年物     2.61%       +.03
米国債30年物     3.68%       +.04


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,334.20    +22.00   +1.68%
原油先物         (ドル/バレル)  106.19      +.22     +.21%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要16通貨の過半数に対し て上昇。13日発表される7月の小売売上高では4カ月連続での増加が見 込まれており、金融当局の緩和策縮小を支持する内容となりそうだ。

円はドルに対しここ1週間で最大の値下がり。日本の実質国内総生 産(GDP)の成長率が市場予想を下回ったことで、成長押し上げのた め追加の金融緩和が必要になるとの観測が強まった。ブルームバーグ米 ドル指数は7営業日ぶりに上昇。南アフリカ・ランドは下落。株式相場 の値下がりで、高利回り資産の需要が後退した。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場 アナリスト、ラビ・バラドワジ氏(ワシントン在勤)は電話取材で、 「先行き期待がドルの大幅上昇に寄与していることは確実だ」と指摘。 「市場参加者は現在、経済指標に極めて敏感になっている。よって実際 の数字が投資家の予想から外れた場合はドルへの強い反応が見込まれ る。また利益確定の動きも若干見られる」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時23分現在、ブルームバーグ米ドル指数は 前週末比0.3%上昇の1020.19。一時0.4%高と、日中ベースでは1日以 降で最大の上げとなった。

ドルはユーロに対し0.3%高の1ユーロ=1.3307ドル。対円で は0.4%上げて1ドル=96円59銭。一時0.7%高と1日以降で最大の上昇 率となった。円は対ユーロで0.1%下げて1ユーロ=128円49銭。

◎米国株式市場

12日の米国株は下落。日本の経済成長が減速したほか、この日は投 資家が13日発表される米小売売上高を待って様子見姿勢を強めた。

午後4時過ぎの暫定値によると、S&P500種株価指数は前営業日 比0.1%安の1689.47。ダウ工業株30種平均は5.83ドル(0.1%未満)下 げて15419.68ドル。

ブリン・マウワー・トラストの株式調査ディレクター、ジョー・コ スティガン氏は、「経済成長率はいら立たしいほど低い。それが不自然 なほど低水準にある金利水準によって相殺されている」と述べ、「この 状態が続く限りは相場は少なくとも9月に入るまでは変動がないだろ う。つまり出来高も低く、あまり確信のない動きとなるだろう」と指摘 した。

S&P500種は先週1.1%下落した。これは7週ぶりの大幅安。ダウ 平均は週間ベースで1.5%値下がりした。景気の拡大に伴い米金融当局 が年内に債券購入を縮小するとの見方が広がっている。

◎米国債市場

米国債市場では10年債が4営業日ぶりに下落。13日に発表される7 月の米小売売上高は4カ月連続での増加と予想されている。

トレーダーのインフレ見通しの指標となる10年債と同年限のインフ レ連動債(TIPS)の利回り差(ブレークイーブンレート)は、10週 ぶりの高水準に接近。今週発表の7月消費者物価指数(CPI)は上昇 が予想されている。期間10年以上の米国債の過去1年におけるパフォー マンスは世界の国債市場の中で最悪となっている。

ノバスコシア銀行の米国債トレーディング責任者、チャールズ・コ ミスキー氏(ニューヨーク在勤)は「データはこれまでのところ、経済 が改善しつつあるという事実を示してきた」と指摘。「ここでわざわざ リスクを取り(米国債を買い)たいとは考えないだろう」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後2時58分現在、10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の2.60%。同年債(表面利率2.5%、2023年8月償還) 価格は6/32下げて99 3/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は4営業日続伸。過去4週間で最長の連続 高となった。中国での需要急増が買い手掛かり。同国は金輸入でインド に次いで世界2位。

中国黄金協会(CGA)が9日発表した同国内の今年1-6月の金 消費量は前年同期比54%増加の706.4トンだった。延べ棒の需要 が87%、宝飾品は44%それぞれ増えた。

T&Kフューチャーズ・アンド・オプションズ(フロリダ州ポート セントルーシー)のマイケル・スミス社長は電話インタビューで、「特 に中国での現物買いが引き続き相場を支えている」と指摘。「きょうは 強気なセンチメントが広がっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前週末比1.7%高の1オンス=1334.20ドルで終了。一時 は1343.70ドルと、中心限月としては7月24日以来の高値をつけた。4 日続伸は7月11日以来の最長。

◎NY原油先物

ニューヨーク原油先物相場は上昇。北海油田での生産障害とリビア 最大の石油積み出し港閉鎖を材料に、ブレント原油につれ高となった。

英BP広報担当者によると、同社が北海エコフィスク油田で運営す るプラットフォームでコンプレッサーが故障し、生産が減少した。リビ アは11日に操業を再開した石油積み出し港、エス・シデル港をこの日、 再度閉鎖した。原油価格はこれより前、日本の4-6月(第2四半期) 国内総生産(GDP)が2.6%成長に減速したことを受け、105.03ドル まで下げていた。

アイアイトレーダー・ドット・コムの市場担当シニアストラテジス ト、ビル・バルーク氏(シカゴ在勤)は「北海とリビアで供給に問題が 生じた」と指摘。「105ドルの主要支持線を試す展開だったが、戻しつ つある」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前週末 比14セント(0.13%)高の1バレル=106.11ドルで終了。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE