ギリシャ:4~6月GDP、前年比4.6%減-20期連続で縮小

ギリシャ経済は4-6月(第2四半 期)に再び縮小した。マイナス成長が20四半期連続となった同国では、 若年層の10人中6人余りが失業中だ。

国家統計局が12日発表した4-6月国内総生産(GDP)は前年同 期比4.6%減少。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト6 人の調査中央値では4.9%減が見込まれていた。1-3月(第1四半 期)は5.6%減。季節調整済み、および前期比の数字は発表されない。

ギリシャの失業率は5月に27.6%と、過去最悪を記録。15-24歳で は64.9%に達している。

2012年のGDPは前年比6.4%減。ギリシャの経済規模は景気低迷 が始まって以来、20%余り縮小している。国際通貨基金(IMF)が7 月31日公表したスタッフ報告によると、GDPは今年4.2%減少する が14年はプラス成長に回復する見通し。

原題:Greek Economy Contracts for 20th Quarter Amid Record Joblessness(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE