アジア株:MSCI指数が上昇-「割安」な中国株が買われる

12日のアジア株式相場は上昇。朝方 には下落していたが、世界の上位10の株式市場で最も割安となっている 中国株が買われている。商品関連株が高い。

資源関連株が指数のけん引役となり、世界最大の鉱山会社BHPビ リトンがシドニー市場で2.7%高。中国最大の産銅企業の江西銅業も香 港市場で6.4%高。一方、世界最大のポリシリコンメーカーである GCLポリー・エナジー・ホールディングス(保利協鑫能源)は、純損 失が拡大するとの見通しを発表したことから、同市場で2%安。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午前10時59分(日本時間同11 時59分)現在、前日比0.4%高の134.39。同指数を構成する10業種のう ち、7業種が上げている。

原題:Asian Stocks Advance as Investors Buy ‘Cheap’ Chinese Shares(抜粋)

--取材協力:Susan Li. Editors: John McCluskey, Sarah McDonald

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE