ペトロブラス:4-6月純損益は黒字-市場予想上回る

ブラジル石油公社(ペトロブラス) の4-6月(第2四半期)利益は、アナリスト予想を上回った。燃料増 産とヘッジによる為替差損縮小が理由。

9日発表した純損益は62億レアル(約2600億円、1株当たり48セン ターボ)の黒字。前年同期は13億5000万レアルの赤字だった。一部の項 目を除いた1株利益は、ブルームバーグがまとめたアナリスト13人の予 想平均の45センターボを上回った。

精製品の生産量は6.5%増の日量210万バレル。補助金付き価格で販 売しているディーゼル燃料とガソリンは減少した。燃料の輸入が47%減 の同26万1000バレルだった一方、販売は8.2%増の736億レアル。販売の 予想平均は747億レアルだった。

マリア・ダスグラサス・フォステル最高経営責任者(CEO)は発 表文で、「精製では非常に効率的な生産水準を維持している」と説明。 「6月29、30日の精製は過去最高の日量220万バレルに達した」として いる。

原題:Petrobras Profit Beats Estimates on Fuel and Currency Hedge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE