アジア・太平洋株式サマリー:中国・香港株が上昇-工業生産で

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。中国が発表した7月の工業生産が市場予想を 上回る伸びとなり、同月の消費者物価指数(CPI)上昇率が予想より 抑制されたことを受け、資源株や不動産株が買いを集めた。ハンセン指 数は週間ベースの下げ幅を縮小した。

銅生産で中国最大手の江西銅業(358 HK)は5.3%高。石炭生産の エン州煤業(1171 HK)は6.6%高。前日に発表された7月の中国輸出は 予想を超える増加率を示した。

中国2位の携帯電話サービス会社チャイナ・ユニコム(762 HK)は 増益決算を手掛かりに2.3%高。香港上場の本土の不動産会社で時価総 額が最も大きい中国海外発展(688 HK)は3%上昇した。

ハンセン指数は前日比151.68ポイント(0.7%)高の21807.56。今 週は1.7%下落と、週間での下げは6月以来。ハンセン中国企業株(H 株)指数は前日比1.2%高の9599.46で引けた。

岡三証券の忍足真理マーケットストラテジスト(香港在勤)は、中 国経済の見通しに対する懸念は9日の統計で一段と和らぐ可能性がある との見方を示した。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。7月の工業生産が市場予想を上回る伸びとな ったことを受けて、資源株などが買われた。上海総合指数は週間ベース で3週連続の値上がりとなった。

江西銅業(600362 CH)は3.9%高。中国アルミ(チャルコ、601600 CH)は2.5%高。レアアース生産最大手の内蒙古包鋼稀土高科技 (600111 CH)は値幅制限いっぱいの10%高。当局がレアアースの違法 採掘を取り締まることで製品価格が上昇するとの観測が背景。コンピュ ーターサービスの楽視網信息技術(300104 CH)は2.9%下げた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比7.34ポイント(0.4%)高の2052.24。中国が発表 した7月の工業生産は前年同月比9.7%増で、ブルームバーグ・ニュー スがまとめた市場予想中央値の8.9%増を上回った。

小型株で構成される深圳証取の創業板(チャイネクスト)指数 は1.1%安。バリュエーション(株価評価)が2年ぶり高水準に達して いた。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は0.4%高 の2286.01。上海総合指数は前週末比で1.1%上昇した。

中原証券の李俊ストラテジスト(上海在勤)は「工業生産は経済が 安定化しつつあるとの楽観的な見方を強めたが、それが一時的なものか どうかはまだ分からない」と指摘。その上で「小型株は今年最も良いパ フォーマンスを示していた分野の一つなので、その下落は市場心理を大 きく損ねた。バリュエーションが高過ぎたため調整は始まったばかり だ」と述べた。

【インド株式市況】

9日のインド株式市場は、ラマダン(イスラム教の断食月)明け祭 の祝日のため休場。取引は12日に再開される。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比9.59ポイント(0.2%)安 の5055.21。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比3.26ポイント(0.2%)安の1880.71。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比51.53ポイント(0.7%)安の7856.14。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE