NY外為:通貨ボラティリティーが低下、円は上昇

9日のニューヨーク外国為替市場で は通貨のボラティリティーを示す指数が低下した。トレーダーは米金融 当局が来月に緩和策を縮小できるほど米国の景気は改善しているかどう か見極めようとしている。

円は対ドルで上昇。国債や借入金などを合計した日本の債務残高が 初めて1000兆円の大台を突破したことを受け、市場では財政立て直しの ために消費税を増税するとの見方が強まった。JPモルガン・チェース のG7ボラティリティ指数は9.11%と7月24日以来の低水準をつけた。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は、「緩和策縮小見通し を見直している」と述べ、「投資家は米金融当局が9月に行動するとの 予想を後退させ、12月の実行を有力視している」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.5%下げて1ドル =96円21銭。週間ベースでは2.8%下げた。これは6月14日までの週以 来で最大の下げとなった。ドルは対ユーロで0.3%上げて1ユーロ =1.3342ドル。前日は6月19日以来の安値となる1.34ドルまで下げた。 ユーロは対円で0.8%下げて1ユーロ=128円39銭。

ブルームバーグ米ドル指数

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ米ドル指数は ほぼ変わらずの1016.93。前日は1015.49と、6月19日以来の最低だっ た。週間ベースでは1.2%下げた。

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、外為オプションの店頭取引は合計120億ドル。前日は250億ドルだ った。この日の総額のうち対円でのドルのオプション出来高は25億ド ル、シェアは17%で最大だった。

米金融当局は毎月、政府支援機関の住宅ローン担保証券を400億ド ル、期間が長めの米財務省証券を毎月450億ドルのペースで購入してい る。バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長は、5月と6月に債 券購入策の完了見通しについて言及した。また金融政策当局者も緩和策 の縮小開始について前向きな見解を述べた。

米シカゴ連銀のエバンス総裁は6日、9月に緩和縮小を開始する決 定を明確には「排除しない」と語った。またクリーブランド連銀のピア ナルト総裁は7日に、「労働市場が昨年秋からの力強い道筋を維持した 場合は、私は毎月の資産購入の規模縮小に備えるだろう」と述べた。

ゲイン・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のシニア為替スト ラテジスト、エリック・ビロリア氏は、「過去数カ月間でボラティリテ ィーはかなり低下した」と指摘、「これは市場が金融当局による次の動 きを見極めようとしていることにも関連している」と続けた。

日本の債務残高

財務省が9日発表したところによると、日本の債務残高は今年6月 末現在で1008兆6281億円となった。経済規模に対比させた日本の債務残 高は世界最大規模。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ドルは過去1カ月間で3.7%下落、ユーロは1%上昇、円 は1.8%上げた。

原題:Currency Volatility at Almost Lowest Since May on Fed; Yen Gains(抜粋)

--取材協力:Kevin Buckland、Candice Zachariahs、Neal Armstrong. Editors: Kenneth Pringle, Paul Cox

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE