ノルウェー政府系ファンド、4-6月もプラス-日米の株高寄与

世界最大の政府系ファンド (SWF)、ノルウェーの政府年金基金グローバルの運用成績は4-6 月(第2四半期)もプラスとなった。株式と不動産への投資が寄与し た。

9日の発表によれば、7600億ドル(約73兆5000億円)規模の同ファ ンドのリターンはプラス0.1%。1-3月(第1四半期)は同5.4%だっ た。第2四半期は債券投資がマイナス1.4%になったものの、株式 が0.9%、不動産は3.9%のそれぞれプラスだった。

同ファンドを運営する中銀投資運用部門(NBIM)のイングべ・ スリングスタッド最高経営責任者(CEO)は発表資料で「株式投資の リターンは、米国と日本市場の強さが押し上げた。新興市場は逆方向だ った」と説明。「債券投資のリターンは世界的な利回り上昇によって打 撃を受けた」と付け加えた。

原題:Norway’s Wealth Fund Gains 0.1% in Second Quarter on Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE