損保グループ3社:4-6月期純利益13倍の1428億円、株高で評価損減少

東京海上、MS&AD、NKSJの 損害保険グループの4-6月期の純利益合計は前年同期の13倍の1428億 円となった。株価の上昇により有価証券評価損が減少するなど資産運用 損益が改善した。各社とも通期予想は据え置いた。

各社が9日東証などで開示した資料によると、連結純利益は東京海 上ホールディングスが同68%増の565億円、MS&ADインシュアラン スグループホールディングスが同7.4倍の831億円。NKSJホールディ ングスは同343億円の赤字から31億円の黒字に転換した。

正味収入保険料は東京海上が同12%増の7048億円、MS&ADが同 5%増の6907億円、NKSJが同3%増の5427億円だった。

===============================================================
           4-6月期      4-6月期             通期予想
           純利益 (%)     正味収入保険料 (%)      純利益 (%)
===============================================================
東京海上    565  (68)          7048  (12)           1700  (31)
MSAD    831 (638)          6907  ( 5)           1250  (50)
NKSJ     31 (n.a)          5427  ( 3)           340 (-22)
===============================================================

注)単位:億円。%は前年同期との比較。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE