IEA:2014年石油需要の伸び見通しを下方修正-中国減速で

国際エネルギー機関(IEA)は来 年の世界石油需要の伸び見通しを下方修正した。中国の景気減速に加 え、欧米が景気回復持続で苦戦する状況を要因に挙げた。

9日公表のIEA月報によると、2014年の世界消費は日量で前年 比110万バレル(1.2%)増の9200万バレルとなる見込み。拡大幅は前月 時点の見通しを10万バレル下回る。

原題:IEA Trims Estimate for 2014 Global Oil Demand Growth on Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE