フェイスブックの「いいね」は「やだね」より群れ効果大-研究

肯定的な意見は否定的な意見よりも 影響力が大きい。少なくともインターネット上ではそうであるようだ。

サイエンス誌に掲載された研究結果によると、ある記事がウェブサ イトでフェイスブックの「いいね」のような肯定的な評価を受けると、 そのあとに記事を読んだ人がその記事を好意的に評価する確率が高ま る。肯定的な意見は「群れ」効果を生み出す一方で、否定的な意見には 同様の影響力はないようだという。

研究者らはあるニュース掲載サイトで、幾つかのコメントに対して 好意的な評価を与えてみた。研究者らがプラス評価を与えたコメントは その後に人気が高まり、他のユーザーからの評価が25%ほど上昇したと いう。

一方、マイナスの意見をウェブサイトに載せた場合、他のユーザー はそれほど簡単には信用せず、むしろプラスのコメントでマイナスを打 ち消そうとする傾向が強かった。

この研究結果は、誇大広告というものが少なくとも時には効果的で あることを意味する。製品や考え方に対する集団的な評価に頼ることに 疑問を投げ掛ける結果だと研究者らは指摘。

論文を執筆したマサチューセッツ工科大学スローン経営大学院のシ ナン・アラル准教授は「肯定的な評価というのは一つのバイアスであ り、ある意味でインフレだ」と指摘。「住宅バブルは肯定的な見方が広 がった結果だったが、それがはじけた時に一部の人々は貯蓄や家を失っ た」と考察した。

原題:Online ‘Likes’ Spur Positive View in Herding Effect, Study Finds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE