コンテンツにスキップする

PIMCO、土地収用権での融資債権差し押さえは違憲と主張

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)やブラックロックなどの住宅ローン担 保証券(MBS)投資家グループは、土地収用権を通じたカリフォルニ ア州リッチモンド市とモーゲージ・リソリューション・パートナーズに よる住宅ローン債権差し抑えを阻止する裁判所命令を求めている。土地 収用権の乱用は貯蓄者や退職者の利益を損ねると主張している。

MBS投資家らの指示に基づき、住宅ローン関連証券を受託するウ ェルズ・ファーゴとドイツ銀行が7日、同市の計画は違憲だとして、サ ンフランシスコの連邦地裁に訴えた。ロープス・アンド・グレイのパー トナー、ジョン・アートマン氏によれば、提訴したMBS投資家グルー プには、ジェフリー・ガンドラック氏率いるダブルライン・キャピタル も含まれている。

同氏はMBS投資家グループの代理人として、「モーゲージ・リソ リューション・パートナーズは自らの利益のために公的権限を悪用する 身勝手な計画を通じ退職者や公的年金受給者、個人の貯蓄者を含め平均 的米国人をひどく傷つけようとしている」と電子メールでコメントし た。

土地収用権は公共の利益のために民間保有の物件を差し押さえるこ とのできる当局の権利。対象となる所有者には正当な補償が提供され る。高速道路や公園などの建設のため私有不動産を取得するのに行使さ れるのが一般的。

米連邦住宅金融局(FHFA)は8日、ファニーメイ(連邦住宅抵 当金庫)とフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)、連邦住宅貸付 銀行(FHLB)に「住宅ローン契約を変更するに当たり、土地収用権 を行使する州および地元の権限の範囲内で事業活動を限定、制限もしく は停止するよう指示する」可能性があるとの声明を発表した。

ゲイル・マクラフリン・リッチモンド市長のオフィス取材を試みた が今のところ返答はない。

原題:Pimco, Bank of New York Seek to Block Richmond Mortgage Plan (2)(抜粋)

--取材協力:Clea Benson. Editors: Peter Blumberg, Fred Strasser

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE