英テスコ、華潤萬家と合弁設立へ-中国や香港で小売店を運営

英小売り最大手のテスコは香港上場 の複合企業、華潤創業(チャイナ・リソーシズ・エンタープライズ)の 大型スーパー運営部門と、中国本土、香港、マカオでスーパーマーケッ トなどの小売店を運営する合弁会社を設立する計画だ。

華潤創業が香港証券取引所に提出した文書によると、合弁の持ち分 はテスコが20%、中国2位の大型スーパー運営会社、華潤萬家が80%。 他の合意条件は公表されていない。

両社は8日、覚書を交わした。それによると、合弁会社はスーパー のほか、コンビニエンスストアや現金店頭売り制の店舗、酒店を運営す る。

協議が非公表であることを理由に、事情に詳しい関係者が匿名で明 らかにしたところによると、中国、香港、マカオでの両社の事業統合の ためテスコは数億ポンドを支払う可能性がある。

テスコの同地域の店舗数は約130。主に大型スーパーで、テスコが 中心的なテナントであるショッピングモールも数カ所運営している。華 潤創業は9日、テスコの店舗と華潤萬家の約3000店を統合することによ り、コストと運営面で大きなシナジー効果が見込めると説明した。

原題:Tesco to Form China Joint Venture With China Resources’ Vanguard(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE