米アップル:中国スマホシェアが半減、安い端末に押される

米アップルの中国でのスマートフォ ン(多機能携帯電話)シェアは4-6月(第2四半期)に、ほぼ半減し た。利用者が国内メーカーの低価格端末に流れていることが背景。

第2四半期のアップルのシェアは5%と、前年同期の9%から急低 下した。調査会社カナリスのディレクター、ニコル・ペン氏が電話取材 に語った。首位は韓国サムスン電子の18%だった。カナリスの推計によ ると、アップルの今回のシェアは、2010年10-12月以来の低さ。

中国の端末メーカーは、同国2位の携帯電話サービス会社チャイ ナ・ユニコム(中国聯通)などによる低価格スマホ販売重視の恩恵を受 けている。中国企業の小米科技のシェアはアップルを「僅差」で抜き、 今回6位に浮上した。ペン氏は「アップルは高価格機種だけに注力して いるが、中国のスマホ市場で現在伸びているのは、中・低価格の機種 だ」と指摘した。

アップルは中国でのシェア上位5社と違い、世界最大の通信会社チ ャイナ・モバイル(中国移動)への端末供給契約を結んでいない。アッ プルの中国のサイトでは「iPhone(アイフォーン)5」の価格 は5288元(約8万3500円)からとなっている一方、今月発売される予定 の小米の端末の価格は799元(約1万2600円)。

原題:Apple Loses Ground in China Smartphone Market to Cheaper Models(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE