オバマ米大統領、夏休みの滞在先は投資バンカーの高級別荘

オバマ米大統領は、シカゴのインベ ストメントバンカーで民主党の献金者であるデービッド・シュルト氏が 所有するマーサズ・ビニヤード島の高級別荘で、8月の休暇を過ごす予 定だ。

5000平方フィート(約465平方メートル)、4ベッドルームのこの 別荘はマサチューセッツ州チルマークの9.5エーカー(約3万8400平方 メートル)の敷地に建てられており、敷地内にはプールやバスケットボ ールコート、ジム、テニスコートなどもある。大統領日程の詳細は非公 開だとして事情に詳しい関係者が匿名を条件に明らかにした。

シュルト氏はコメントを控えた。公的記録によると、同氏はこの別 荘を2000年7月に300万ドル(現行レートで約2億9000万円)で購入。 現在の価値は約760万ドルと見積もられている。同氏はコーポレートフ ァイナンス会社チルマーク・パートナーズのマネジングゼネラルパート ナー。

オバマ大統領は10-18日にマーサズ・ビニヤード島に滞在する。大 統領に就任してから家族で休暇を同島で過ごすのは4回目となる。昨年 は大統領選活動のため行かなかった。以前と同様、大統領が別荘を借 り、その費用は通常、オバマ家と納税者が共同で負担する。物件の選択 は地元の仲介業者が行う。ホワイトハウスの関係者が匿名を条件に述べ た。

原題:Obama’s Vacation Rental Is Investor’s Vineyard Estate (1) (抜粋)

--取材協力:Jonathan D. Salant、Oshrat Carmiel. Editors: Joe Sobczyk, Steven Komarow

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE