サムスンが「まねた」スマホ、アップルが販売差し止めを訴え

米アップルは9日、 同社が開発し た「iPhone(アイフォーン)」の機能やデザインを韓国サムスン 電子が使用しないよう米連邦特別行政高裁に差し止めを求めた。連邦地 裁陪審は昨年、サムスンによるアップルの特許侵害を認定している。

アップル側のウィリアム・リー弁護士(ウィルマーヘイル法律事務 所)は、「アップルは5年と50億ドルを費やして、画期的な製品を生み 出した」と述べ、「サムスン側は『簡単にまねできる』と言い、3カ月 で市場に製品を発表した」と主張した。

アップルは特許法を専門とするワシントンの連邦特別行政高裁に対 し、カリフォルニア州の陪審が特許侵害を認定したサムスン製品の販売 差し止めを要請した。

サムスン側の弁護士、キャサリーン・サリバン氏は法廷で、アップ ルは「アップルは販売低迷に苦しんだが、そうした低迷が何によるもの かという説明が抜けている」と指摘。「サムスンによる特許侵害と同社 の合法的な競争力を明確に区別する必要がある」と述べた。

特別行政高裁の判断には数カ月間かかる見通しだ。

原題:Apple Urges Appeals Court to Halt What It Calls Samsung Copying(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE